2018年02月

KATOから製品化のお知らせがありました。

発売予定は夏です

287系パンダくろしおと、221系大和路快速リニューアル車は、新規金型での登場です。

イメージ 1


マイクロエースの新製品のご案内です。

時期は不明です。

中身は、719系と115系ですね。

イメージ 1
相変わらず財布に厳しい。

2020年度中、営業運転を目指す、次期新幹線N700Sが公開された。

3月20日から走行試験を始める。

イメージ 1

早く乗ってみたいなぁ。

最近、悩んでいるのがKATOの四季島をカスタム化です。

一番の不満だったのが、導光板を装着しながらも、室内灯をオプションにしたことです。
どう見ても、室内灯必需品の車両だと思います。
室内灯の設置費用は、部材が6千円ぐらいに、ホビセン施工で一両300円なので、3000円。施工に一か月半かかる。
つまり1万弱で施工可能だ。
しかし、市場だと改造になってしまうので価値が下がってしまう。

カスタム用にもう一セットとは、予算が無い。

そこで、TOMIXの動向を待つか。
いまだ詳細を明らかにしない。しびれを切らしてきた。

イメージ 1

どうしようかと悩む日々である。


6月にKATOから再販予定の205系3000番台八高線の入線です。
E231の発売もアナウンスされていることから、余裕のある今のうちにと、中古車センターから引っ張ってきました。

そうすると、我が家線区に在籍車がありました。ダブりの増備という形になってしまいました。
在籍車両を管理しないと…

イメージ 1


↑このページのトップヘ