2018年05月

たまには、マイクロエースです。

小田急ロマンスカー30000形 EXEです。EXEαが発売になりましたね。

我が家線区にも入線予定です。

その前に、EXEを見直しておきます。

イメージ 1

背景と色がかぶったかな。

今回は、205系3000番台の八高線です。

来月、再販予定ですね。我が家線区では、手違いから2編成在籍しています。

E231が楽しみです。

イメージ 1

たまには、鉄コレです。

クモハ123 身延線です。

製品化してほしいなぁ

イメージ 1

実車の愛称は「富士ポニー」でした。

TOMIXのプラパンタ、すぐばらけてしまい、組み上げるのも大変、繊細な扱いに気を使う。

2年前にKATOのパンタがポン付け出来る記事を書きましたが、最近再販されたこともあり、キーワード検索でも多くヒットしていることから、更新します。


注意が必要です。

EF66は、浮いてしまって、足を削るなどの加工が必要と確認しました。

つまり製品によって個体差があり、加工が必要な場合がある結論になりました。


それでは比較してみましょう

イメージ 1

65-2000更新機です。左がTOMIX、右がKATOのパンタです。
ポン付けでした。見た目は好みが出ると思います。

イメージ 2

いくつあっても困りそうもありません。

なお、改造になりますので、自己責任で作業を行ってください。


今回は、EF66のブルートレイン牽引機です。

間もなく、再販されますね。
我が家線区には、在籍しています。

この頃のは、後付けパーツが多くて、老眼に厳しいです。
未整備で保管していました。

イメージ 1

↑このページのトップヘ